美肌の洗顔方法

美肌の洗顔方法

美肌の洗顔方法を覚えよう!

つるんとしたきめ細かい肌にはだれもが憧れますよね。
そんなキレイな肌へ近づく為に、
洗顔に気を使っている人も多いのではないでしょうか?

 

洗顔は肌に優しくないと意味がありません。
毎日の洗顔で肌にダメージを与える訳にはいきませんよね。

肌に優しい洗顔方法とは具体的にどんな方法なのでしょうか?

 

まず一つ目のポイントは、
洗顔料は泡立ちの良さよりもすすぎのきれいさで選ぶべきだと言う所です。

 

もこもこのきめ細かい泡が毛穴まで入ってキレイに汚れを洗い落としてくれるので、
泡立ちの良さは大切ですよね。

 

もちろんそうなんですが、意外と皆さんが見落としがちなのは、
キレイに泡を落とせているかという部分だったりします。

 

すすぎがキレイに行われないと、せっかく泡で毛穴から出てきた汚れも肌に残ってしまいます。

 

それでは本末転倒ですよね。

 

すすぎの良さにも注目してみてください!
さらに、二つ目のポイントはすすぐときのお湯の温度です。
すすぐときはぬるま湯が鉄則です。

 

自分の体温よりも低い温度のぬるま湯ですすぐように気をつけましょう。
このポイントを守って、毎日の洗顔に気をつけてみてください。きっと美肌へ近づくはずですよ。

乾燥しないクレンジング方法の極意

皆さんは、毎日のクレンジングをどのようにおこなっていますか?
実は、20代の頃のままのクレンジングを続けていたら、
30代になって乾燥するようになったと言う人が増えているそうです。

どうやら、オイルクレンジングを使っていると乾燥しやすいようです。

 

オイルクレンジングは濃いメイクをスルッと落とす事ができる優秀なクレンジングですが、
実は乾燥しやすかったり、
毛穴が開きやすかったり、
毛穴に汚れが残りやすかったりとマイナス面もあるようなのです。

 

若い頃はそれでも肌が持っている力でなんとかカバーできていた人が大部分のようです。

 

しかし、時が経つにつれて、お肌にダメージが洗われてくるようなのです。
そのような人たちの中で人気となっているクレンジング方法が、
クリームタイプのクレンジングを使う事です。

 

クリームタイプのクレンジングを使うと、毛穴からごっそりと汚れを取り出すだけではなく、
乾燥を防いでうるおいを残すので、毛穴は開きにくく、乾燥もしにくいという特徴があります。

 

お肌の乾燥に悩んでいる人は、クレンジングから乾燥対策を行う事をおすすめします。
乾燥しないクレンジングはクリームタイプと覚えてください。

 

正しいクレンジング方法をご存知ですか?

みなさんは毎日のクレンジングを正しく行えているでしょうか?
美肌を目指すのであれば、正しいクレンジングが一番の近道です。
正しいクレンジングを行って素肌美人へ近づきましょうね。

正しいクレンジング方法のひとつ目のポイントは、
クレンジングの量をたっぷりと使うという事です!
メイクは擦っても落ちません。

 

たっぷりののクレンジング剤を混ぜて浮かせる事を意識してください。

 

そして一気にスッキリ落としましょう。
クレンジング剤が少ないとお肌を摩擦でお肌を痛めてしまいますので要注意です。

 

そして次のポイントは、
手のひらを大きく使ってやさしくオフする事です。

 

すばやく手のひらで人肌に温めたクレンジング剤を素早く手のひらで顔に乗せましょう。
そして、決して2〜3本の指でくるくると洗うのではなく手のひらを広く使って洗うのです。
そうすると余分な力が手に入らずに易しく洗顔する事ができます。
クレンジング剤を全体にやさしくなじませましょう。

 

3つ目のポイントは、洗い流しの際のお湯の温度です。
すすぎのお湯の温度の理想は32〜34度といわれています。

 

人間の表皮の温度は34〜35度といわれていますが、
32度以下だと皮脂が溶けずに34度以上だと毛穴が開きすぎてしまい、
必要な皮脂まで洗い流してしまうのです。

 

ぬるま湯で何度も易しくすすぎましょう。

 

決して擦ってはいけません。もしもやさしく洗うだけでは、
メイクが落ちないという場合には、ポイントメイク用のクレンジング剤を使って、
コットンにクレンジング剤をしみ込ませてからオフすると、
力を加えなくてもやさしく簡単にメイクを落とす事が出来ます。

 

正しいクレンジング方法とは、肌にやさしく、
かつしっかりと汚れを取り去るクレンジング方法の事なんですよ。

 

乾燥肌も改善させるためには!

乾燥肌の改善のために「とにかく保湿が重要!」という認識があるかと思います。

 

確かに乾燥肌には保湿が必要ですが、
化粧水・乳液・美容クリームなど様々な化粧品を使っていませんか?

 

お肌が乾燥しているのであれば、誰もが化粧水・乳液などを使って保湿してあげるでしょう。

 

しかし、それでは乾燥肌の改善のためには逆効果です。

 

体質として乾燥肌を改善したいのなら、化粧水・乳液などの使用だけでは不可能なのです。

 

なぜなら、体の外部から化粧水・乳液などによる保湿が続くことにより、
お肌の乾燥を自力で潤そうとする体の機能がますます低下してしまうからです。

 

そこでよい方法があります。

 

慣れるまで大変かと思いますが、
化粧水・乳液などによる保湿の使用をストップしてみましょう。

 

つまり洗顔後に無防備なお肌で過ごすのです。

 

はじめはお肌が乾燥してつらいかと思います。
しかし、しばらくは化粧水・乳液などを使用せずに無防備なお肌を続けてみましょう。

 

そのうち危機感を持ったお肌は「自力でお肌を潤さなければ!」と立ち上がるはずです。

 

そしてお肌の乾燥に対応する機能を体が取り戻してくれるのです。
少し怖いかもしれませんが、無防備なお肌をぜひ試してみましょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ